還暦祝いに赤い色をプレゼントする理由

最初の長寿のお祝いといえば、還暦のお祝いですが、60歳はまだ現役で働いている人も多く、本人も老人と思っていないでしょうね。
赤いちゃんちゃんこに赤い頭巾といった昔ながらの還暦祝いの風習も、ほとんどなくなりましたが、赤い色には魔除けの意味もあるので、やはり何か赤いものをプレゼントしたいものです。

還暦のお祝いに人気があるプレゼントは?

還暦のお祝いのほとんどが、身内だけでおこなわれるようです。
子ども世代が親に旅行券やお食事券のプレゼントをしたり、会食の場をもったりするのが一般的です。

男女を問わず、旅行券やお食事券とともに赤い色の花やマフラー、帽子、財布などの小物をプレゼントするのが喜ばれます。
その他にも、男性にはお酒やグルメ食品、女性にはバッグやアクセサリーなど、男女共通に喜ばれるものは、ペアのパジャマや枕、高級バスタオルやお風呂グッズなどです。
品物のどこかに赤のアクセントがあるものに人気があるようですよ。

還暦にはなぜ赤いものをプレゼントするの?

昔から赤には厄除けや魔除けの力があると伝えられてきました。
慶びごとがあるときに赤飯を炊いてお祝いするのも、節分におぜんざいを炊くのも赤い色の小豆が不思議なパワーを持つと信じられていたからです。

還暦の年は男性にとっては厄年なので、厄除けの意味で赤いものを身に付けると、難を逃れると言われてきました。
そんなことから赤い下着(男性なら赤いふんどし、女性なら赤い腰巻)を身に付けたようです。

その後、赤いちゃんちゃんこと頭巾でお祝いをするようになりましたが、その理由は還暦を迎えると赤ちゃんに戻ると言われ、赤ちゃんと赤いちゃんちゃんことの語呂合わせから用いられるようになったという説もあります。

還暦のお祝いのプレゼントに、赤をモチーフにしたインテリアアートを

人生50年と言われていた時代に比べ、還暦を迎えたとはいえまだまだ若いアラ還世代です。
還暦は干支が一回りして生まれた年の干支にもどることから、0から人生を始める再スタートの意味もあるようです。

時代は長寿社会となりました。
ことさら赤いものをプレゼントすることもないようですが、さりげなく飾れるインテリアアートなどは、贈る方も貰う方も気恥ずかしくなくてよいものです。
赤富士や世界遺産の和紙のインテリアアートなら落ち着いた赤が入り、きっと喜ばれるでしょう。

還暦という人生の節目に、ささやかでも祝ってあげることが、これから生きていく励みになると思います。
大げさでなく、子供や孫たちがお金を出し合って記念のお祝いのプレゼントをするとよいでしょう。

還暦祝いに和紙の風景インテリアアート