新築祝い選びのポイントは色彩

家を建てるということは、一生に一度あるかないかの大仕事です。
新築記念のお祝いの贈り物は、心を込めて選びたいものですね。 
 
喜んでもらえる新築祝いの贈り物とは?

新築祝いの贈り物は記念になるものが良いと言うものの、相手のセンスにぴったり合ったものを選ぶとなると、なかなか難しいものです。

新築お祝いは身内だと1~5万円内で、現金と品物をプレゼントすることが多いようです。
また、友人だと現金よりも5千円~1万円内の品物を贈るのが一般的です。

新築祝いで、もらってうれしいランキングベストテンの中に、キッチン用品や観葉植物、家電製品などが入っているのですが、それらはもらってうれしくないベストテンにも入っているのです。
贈る方としては悩ましい限りですね。

新築祝いの品は、色彩で選んでみましょう

ちょっと前、西に金色や黄色を持ってくると金運を呼び込むといった風水が流行りましたが、寒々とした玄関なら、陽気な色合いのインテリアアートを掛けると暖かなかな雰囲気が出ます。

新築するとなると、誰でも多かれ少なかれ家相についての本を買って読んだりするものですが、限られた土地に家を建てるとなると、鬼門や裏鬼門などを気にしていられなくなってしまいます。

しかし、鬼門はそれほど恐れることもなく、色彩を上手に使うことで、凶を吉に変えることができるのです。

新築祝いのプレゼントに迷ったら、お祝いの品物を色で選ぶことをおすすめします。
贈る相手のラッキーカラーや好きな色をそれとなく聞いてみるのもいいですね。

「真っ青な海の色が好き」とか「沈む太陽の色が好き」とか答えが返ってきたらその色の品を贈るのはどうでしょうか。

現代の家相は色彩で変えることができます

玄関に西日があたり、観葉植物などが置けない場合は、緑の樹々のインテリアアートを飾ると、木漏れ日が溢れる空間に生まれ変わります。
北の部屋は暗くて寒いイメージがありますが、暖かい色合いのインテリアアートがあるだけで部屋は一変します。
トイレに小窓が取れない場合なども、青空のインテリアアートを掛けるだけで風が吹き抜けます。

風水とは環境学から生まれたものですが、色彩を取り入れたものを新築祝いに贈り、ちょっと気になっていた場所に飾ってもらうことで、住環境を良くすることができます。
どんなに大きな立派な家も吉凶は必ずあるものですが、色彩の力は凶を吉にかえてくれます。
心を込めて素敵なインテリアアートの贈り物をして、今後の幸せを願いましょう。

新築祝いに和紙の風景インテリアアート