引っ越し祝いには明るく爽やかなものを

引っ越しのお祝いは、中古住宅や中古マンションを購入された方へのお祝いです。
転勤や、その他の都合での引っ越しは「お祝い」ではなく「ご餞別」といった形で贈り物やお金をするようにしましょう。
引っ越しは、ちょっぴり寂しさも伴うので、明るく爽やかで明日からの希望につながるようなお祝いの品を贈りたいものです。

引っ越しのお祝いの目安は?
引っ越しのお祝いにあたっては、先方もきっとあれもこれもと何かと物入りなことも多いでしょうから、現金でお祝いすることも失礼ではありません。
しかし、一般的には目上の方には現金でお祝いするのは、さけた方が良いようです。
金額の目安は、友人に関しては5千円位、兄弟や親せきの場合は1万円くらいが相場です。
ただ、お祝いのお金だけというのは、どうも味気ない気もしますよね。
「運気のいい部屋を作るとどんどん運が上がる」と言われます。
運気のいい部屋とは「好きだな」「落ち着くな」と思う物で満たし、その空間で暮らすことだそうですよ。
今後の幸せを願って、できればそんな心が安らぐような品物を選んで、プレゼントしたいですね。

引っ越し祝いの品物は、どのような物が喜んでいただけるのでしょうか?
もらってうれしかった引っ越し祝いのランキングベスト5は、次のようになります。

1、カタログギフト
2、商品券
3、スイーツやフルーツ、お菓子、お酒などの嗜好品
4、現金
5、キッチングッズやキッチン家電

ほとんどの人が、現実的なようですね。
統計によると、品物をもらった7割の人が、ありがたかったと思っているようです。
しかし、がっかりした人は3割いるわけですから、贈る方としてはがっかりさせないものを贈りたいですよね。

お引っ越しは新たな旅立ち
住まいが変わると誰でも気持ちが一新し、色々な意味でやる気もわいてきます。
確かに使い勝手の良いものは現金であったり、商品券であったりするでしょうが、心を盛り上げてくれ、満足させてくれるものは1枚のアートであったり、季節の鉢植えだったりするものです。

見ているだけで明るい気持ちになれるもの、心が穏やかになれるものは、運気を上げると言われています。
家は生活の拠点となるところです。
家は外からいろいろなことを抱えて返ってきて、リセットをする場所です。
引っ越しのお祝いには、見ているだけで居心地が良くなるような癒しの空間にふさわしいアートなどを贈ると、後々まできっと喜ばれるでしょう。

転勤などで引っ越し先が遠くになる場合は、寂しさも伴います。
お互い親しければ親しいほど心に残る、心を明るくしてくれるものを贈りたいですね。

引っ越し祝いに和紙の風景インテリアアート