出産祝いの心遣いとマナー

人と人とは、心配りによって、つながっていきます。
新しい命の誕生は誰にとっても嬉しいことですが、お祝いごととは言えマナーも大切です。
ほんの少しの心配りが、後々の人間関係をより良いものにしていきます。

出産祝いのマナー
出産のお祝いを贈るタイミングは、生後7日後からお宮参りをする1ヵ月くらいまでとされています。
何かと忙しく母体も十分回復していないときに、わざわざ訪問するよりは、むしろお祝いの品物を配送するか、ご祝儀を贈るのが、スマートなお祝い方法といえます。
また訪問する際は、よほど親しい関係でない限りは、産後2~3週間たってから相手の都合を聞いて、お邪魔するようにしましょう。
訪問する際は、小さな子どもさんは連れて行かないようにするのも礼儀です。
また、可愛いからといって抱いたりするのも控えるべきです。そして、長居をしないことも大切です。
あまり神経質になることもありませんが、それが思いやりと心得ておきましょう。
お見舞いをしていない場合は、ママに「お疲れ様」の意味も込めて化粧ポーチやおしゃれな靴下のセットやハンドクリームなどをプレゼントすると喜んでいただけるでしょう。

出産祝いに人気の贈り物
ベビー服や肌着、紙オムツ、ベビーカーなどの育児グッズ、おもちゃや絵本などが人気のようです。
しかし、一人目と二人目とでは、欲しい品物も違ってきます。
二人目からは育児用品やおもちゃ、絵本などはあまり必要とされておらず、実用的な消耗品やギフト券、商品券、現金などが喜ばれるようです。
あまり外にも出られず、何かと忙しくしているときにこそ、ママには家の中でリラックスしてほしいもの。
そんなときには癒される風景のアートなどもおススメです。

出産お祝いをお金でする場合の目安
祝儀袋出産お祝いをお金でする場合には、両親からだと5万円前後、親族なら2万円前後、友人なら5千円から1万円くらいが相場といえます。
現金でする場合、水引は「何度あっても喜ばしい」ことから、蝶結びを使用します。
裏面には送り主の住所と氏名を記入し、金額は中包みに書きます。

内祝いについて
出産のお祝いをいただいた方には生後1ヵ月頃に内祝いをしますが、この内祝いは赤ちゃんの名前のお披露目でもあるので、表書きには「内祝い」とし、下には赤ちゃんの名前を書きます。
内祝いの品物は、タオルや石鹸、砂糖、紅白の餅や饅頭、赤飯などをすることが多いようです。
出産のお祝いをいただいたお礼のお祝い返しにそえて、和紙のメッセージカードなどを添えると、パパやママの喜びと感謝の気持ちが伝わることと思います。

お祝いを贈る側もマナーを守り、贈られた側も失礼にならないように対応することで、末永く良い関係を築いていけることでしょう。

退職祝いに和紙の風景インテリアアート